株式会社防長経済新報社

 2021年9月16日

  • 経済

 一般機器、運輸業などが前月比悪化 県中小企業団体中央会7月期の月次景況調査結果

 県中小企業団体中央会はこのほど7 月期の月次景況調査結果を公表した。それによると、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んだことなどで一部市況回復の兆しが見られるものの、原材料不足や資材価格高騰等の影響も受けており、全体として景況DI値は低い水準で停滞している。業種別にみると、食料品が前月に比べて上向いた一方、一般機器と運輸業が前月より悪化、その他は横ばいとなった。

 

 

 

ページトップ