株式会社防長経済新報社

 2022年4月7日

  • 経済

 西日本で初となる800㌧吊クレー ン導入 吉村

 クレーンリース、プラント建設、橋梁工事などの㈱吉村(宇部市川上1070、吉村仁徳・吉村尚徳共同代表)はこのほど、最大吊上能力800㌧のクローラークレーン(独リープヘル社製・型式LR1750HS800)を導入した。投資額は10億円超と思われる。
 西日本エリアでは初導入で、全国でも約30台と少ない。運搬にはトレーラー55台を要し国内最大級である。水冷式8気筒ディーゼルエンジンで出力455kW(618PS)、最大トルク2,842Nm、燃料タンク820㍑。最大揚程190㍍/27㌧、最大作業半径136㍍/18㌧など、国内メーカーでは類を見ない能力を誇る。

 

 

 

ページトップ