株式会社防長経済新報社

 2021年11月18日

  • 経済

 7~9月期の業況判断DIは中小企業が△9.1、小企業が△58.5 日本政策金融公庫の県内中小企業動向調査

 ㈱日本政策金融公庫下関支店はこのほど7 ~ 9 月期の中小企業動向調査結果を発表した。業況判断DIは業況が「良い」企業割合から業況が「悪い」企業割合を引いたもの。
 県内中小企業(原則従業員20人以上)の業況判断DIは△9.1と前期4~ 6 月期の△5.0から4.1ポイント悪化した。製造業が13.1から8.7へ、非製造業が△10.4から△14.5へと製造業、非製造業ともに低下し前期を下回った。新型コロナウイルス第5波の感染拡大や8 月の長雨などが影響したとみられる。

 

 

 

ページトップ