株式会社防長経済新報社

 2020年4月9日

  • 経済

 長門市令和2年度予算概要 「市民生活密着型予算」で201億6,000万円

 長門市は、このほど、2020年度一般会計当初予算の概要を発表した。2020年度予算は「フォア・ザ・ながと」で新たな成長を挑む『市民生活密着型予算』と位置付け、市民の意見をしっかり聞き、生活に密着したきめ細かな生活基盤の再構築など、選択と集中で「市民のいのちと生活を守る」街づくりを進める。
 予算規模は前年度から3カ年計画で整備を進める「光ファイバー網整備事業」や「市道仙崎小浜線改良事業」「健幸資源活用によるまち・ひとづくり事業」等が増えた。「本庁舎建設事業」「長門湯本温泉観光まちづくり事業」「三隅地区工場用地整備事業」等の減少で前年度比23億8,000万円減の201億6,000万円となった。

 

 

 

ページトップ