株式会社防長経済新報社

 2020年2月20日

  • 経済

 やまぐち働き方改革実践モデル企業最終報告会 ㈱井原組と入交電設㈱などが発表

 やまぐち働き方改革実践モデル企業最終報告会(山口県主催)が14日、山口市小郡のホテルで行われ、事例発表業者6 社とその関係者約60人が出席した。
 これは県が昨年6 月から8月までに実施した「やまぐち働き方改革・職場リーダー育成講座」を受講した企業の担当者が専門コンサルタントのサポートを受けながら6 ヵ月間取り組んだ内容とその成果、今後の取り組みを発表したもの。
 会では主催者を代表し県商工労働部労働政策課の手嶋郁夫課長が「成功事例を通してこの取り組みが今後も業務の生産性の向上などにつながっていくものと期待します」とあいさつ。その後、やまぐち働き方改革実践モデル企業として、済生会貴船福祉ケアセンター(下関市)、NPO法人やまぐちレーテ子育てBambini(山口市)、社会福祉法人松原保育園(光市)、㈱ソイル・ブレーン(周南市)がこれまで取り組んで来た内容を発表。
 さらに働き方改革取組企業として㈱井原組(山口市)と入交電設㈱(山口市)が発表した。

 

 

 

ページトップ