株式会社防長経済新報社

 2019年11月7日

  • 経済

 EV駆動用バッテリーのリユース技術を活用したバーチャルパワープラン実証試験に マツダ㈱、中電㈱、㈱明電舎

 中国電力㈱(広島市、清水希茂社長)、㈱明電舎(東京都、三井田健社長)、マツダ㈱(広島市、丸本明社長兼CEO)は、使用済みの電気自動車(EV)の駆動用バッテリーを再使用した定置型蓄電池システムを構築し、これを活用した「バーチャルパワープラン(VPP)実証試験」に共同で取り組むこととし、このほど共同研究契約を締結したと発表した。

 

 

 

ページトップ