株式会社防長経済新報社

 2019年7月4日

  • 街の話題

 錦帯橋を一望できる開放感 6月2日㈰「錦帯橋DINING桜 SAKURA」 リニューアルオープン 岩国国際観光ホテル(株)

店内から一望できる錦帯橋の景色と小田統括(左)
店内から一望できる錦帯橋の景色と小田統括(左)

 岩国国際観光ホテル(株)(岩国市岩国、深川一呂紀社長)は6月2日(日)、岩国国際観光ホテル内2Fのレストランを「錦帯橋DINING桜 SAKURA」としてリニューアルオープンした。
 同ホテルの小田幸英統括は「“ 錦帯橋D I N I N G 桜SAKURA”のコンセプトは錦帯橋に立地しているという利点を生かし、開放的な景色と料理をお客様に最大限に楽しんでもらうこと。質の高いサービスを提供して、地元の方にも記念日など特別な日に利用して頂けるような場所を目指す」と言う。料理は和膳から洋食・和食の創作料理など見た目や彩りも豊かなものを提供している。
 また、同DINING内にはBARや岩国初となる鉄板を囲むU字型のカウンターで高級和牛のコースが楽しめる「KAGARIBI」も併設されている。「KAGARIBI」は夜のみの営業で、利用されることが多くオープンしてから約1カ月間、毎日予約が入っているほどの人気という。
 リニューアルオープンして約1カ月、お客様からの反響とこれからの目標について小田統括は入った瞬間から開放的で錦帯橋の景色と料理を楽しめるということで反響はとても良い。外国人の利用者も増えている。特に女性のお客様から好評を多く頂いている。まだまだ出来たばかりなので、向上心を持ちこらからどんどんいい形にしていけるよう邁進する」と語る。
 「錦帯橋D I N I G 桜SAKURA」の営業時間は午前11時から午後2時30分(ラストオーダー 午後1時30分)、午後5時から午後9時30分(ラストオーダー 午後8時30分)。店舗面積は約500平方㍍で総席数は120席。

 問い合わせ、予約等はTEL 0827-43-1111まで。

 

 

 

ページトップ