株式会社防長経済新報社

 2018年11月29日

  • 街の話題

 “フジヤマコーヒーロースターズ”柳井市にオープン

ドイツ製の焙煎機と藤山夫妻
ドイツ製の焙煎機と藤山夫妻

本格珈琲をもっと身近に 

自家焙煎珈琲「フジヤマコーヒーロースターズ」

柳井市に9月オープン

 今年9月、金魚ちょうちんで有名な柳井市に、珈琲豆焙煎所「フジヤマコーヒーロースターズ」がオープンして早3カ月。全国のコンテストで優秀な成績を残したロースター(焙煎士)藤山博康さんと、バリスタの舞さん夫婦が山口県にUターンして始めた本格コーヒー店。
 お店は森をイメージし、木材を基調にした約130平方㍍に25席を備える。コンセプトは、「美味しいコーヒーをきっかけに新しい出会いや初めての体験、ホッと息を抜けるような場所を目指す。住居兼店舗は、カウンター席やテラス席もあり、子供とくつろげる縁側の席もある。子供らが走って遊べる中庭もあり、奥には広いテーブルもあり、ちょっとしたワークショップやパーティーもできる。
 喫茶店を開業したのは、2人とも関西で博康さんが小売りや焙煎に携わる仕事を経験し、舞さんが珈琲の抽出に携わる仕事をしていたので、帰郷するのなら一緒にできる仕事としてお互いに役割分担できるお店をやろうと決めたそうだ。また、こだわりの焙煎機は、世界で最も長い歴史を持ち、今でもトップクラスのシェアを誇るドイツのプロバット社製。外から見ることができるように設計してもらったものだ。
 開業にあたり、藤山博康さんは「起業セミナーなどは受けてはいないが、基本的な創業計画は自分で作り、その計画を先輩経営者に見てもらいアドバイスを頂いた。金融機関への返済計画の作り方なども、先輩経営者や金融機関の意見を反映させて、かなりしっかりした計画を作った」と話し、その上で、柳井市から認定特定創業支援事業の支援を受けて、同市の制度融資である独立開業資金(西京銀行から山口県信用保証協会付による)にて資金調達を行っている。
 また博康さんは創業で重要なことは「身の丈に合った計画作りが大切だ」と強調。創業を目指す人たちに対しては「いかにしっかりした創業計画を立てるかが重要。創業への思いだけでは経営は軌道に乗せるのは難しいです」と述べ、今後について博康さんは「地元に本格的なコーヒー文化を広めたい」と意気込む。

 本店は、柳井市柳井4827-2(ゆめマート柳井西店隣)、電0820-50-4571。やない白壁出張所は柳井市柳井津451-1。定休日は不定休、営業時間は午前8 時半から午後5 時。

 

 

 

 2018年11月29日の投稿記事

ページトップ