株式会社防長経済新報社

 2018年11月22日

  • 経済

 岩国市来年度予算編成方針 財源不足の調整を

 岩国市来年度予算編成作業進む

約12億円の財源不足の調整がかぎ

 

 岩国市は歳末を前に、来年度予算編成作業を急いでいる。岩国市によると、平成31年度は歳入で市税横ばいが見込まれ、普通交付税は合併支援措置の段階的縮減の4年目でさらなる減収が見込まれる。歳出は高齢化の進展などによる社会保障費の増加や、玖珂・周東の新庁舎、東小・中学校一貫校舎、JR岩国駅東西広場整備、大規模災害時の防災拠点となる愛宕山の多目的広場などの大規模事業などで多くの財源を必要とするため、厳しい財政状況が続き、現時点で約12億円の財源不足が見込まれ、財政調整基金を取り崩す可能性もある。

 

 

 

ページトップ