株式会社防長経済新報社

 2022年6月2日

  • 経済

 美萩工芸(萩市)が奈良県で紙加工と昇華転写の会社を事業承継

 高級桐箱・木箱・おせち重箱・ギフト箱などを製造・販売する㈱美萩工芸(萩市山田4184、小野博巳社長)は、食品包装資材加工、板紙・包装紙の印刷・裁断・打抜き等の二次加工、昇華転写プリント加工を手掛ける新会社、㈱パデック(奈良県大和郡山市、社長同)を昨年7月に設立し、同名の旧・㈱パデック(大阪府東大阪市、前田和久男社長)から事業承継し今年3月に操業開始した。
 ㈱美萩工芸が奈良県大和郡山市の製造工場跡の土地・建物を購入し、全額出資の新会社を設立。新会社の㈱パデックは従業員約30人の雇用を引継ぎ、UVオフセット5色輪転印刷機、輪転打抜機、ロータリーカッター、紙トレー成型機、平判打抜機、ストレートグルアーなどの生産設備を旧会社から取得した。総事業費4億円超で、山口銀行から資金調達した。

 

 

 

ページトップ