株式会社防長経済新報社

 2022年4月28日

  • 経済

 重源の郷復活に向けスタート 令和6年度リニューアルオープンに向け 茅葺屋根とトイレの整備計画が課題

 “山々に囲まれた自然豊かな谷あいに懐かしい昭和初期の風景があります”をキャッチフレーズに平成10年4月1日にオープンした重源の郷体験交流公園、24年の月日が過ぎ現在正念場を迎えている。施設の老朽化とともに観光客の減少が最大の問題点。そこで山口市は伊藤和貴市長のもと新年度予算に重源の郷体験交流公園のリニューアル整備として整備費4,200万円を計上、令和6年度のリニューアルオープンに向けスタートを切った。

 

 

 

ページトップ