株式会社防長経済新報社

 2021年12月23日

  • トピックス

 来春開院向け上棟 おくだ内科・循環器内科クリニック

完成イメージ図
完成イメージ図

 2022年4月開院準備中のおくだ内科・循環器内科クリニック(奥田治人院長)は去る12月19日㈰に同敷地内にて上棟式を執り行った。 同院は、「こん眼科」や「しものせき脳神経外科クリニック」が開院している下関市熊野町1丁目の熊野メディカルタウンの一角に位置しており、 レントゲン・エコー・低線量16列CTを備え、また昨今のコロナ禍の対策として発熱や感染症を疑う症状の患者を隔離するスペースを設けるほか、病医院専用の空気清浄装置を設置し院内環境を清潔に保つ。 診療科目は循環器疾患をはじめ糖尿病等の生活習慣病や内科疾患一般に幅広く対応する総合内科クリニックとなる。   

 同院院長の奥田治人氏は、産業医科大学卒業後、同大学第2内科入局。その後、門司労災病院(現:門司メディカル センター)をはじめとする7つの病院に勤務し、多様な経験・実績があり、内科臨床の指導的立場にある医師を多く抱える一般社団法人日本内科学会が、一定レベル以上の実力を持ち、信頼される内科医を認定する『日本内科学会認定内科医』と、一般社団法人日本循環器学会が循環器病を専攻する優れた医師を専門医として認定する『日本循環器学会専門医』の資格を併せ持っている。

 尚、設計・施工は㈱安成工務店(下関市綾羅木本町)。

 

 

 

ページトップ