株式会社防長経済新報社

 2021年12月16日

  • 経済

 3年連続1,500万円を下関市に寄付 洛友商事と松永社長


 一般貨物・精密機器運送業等を手掛ける㈱洛友商事(下関市冨任町2丁目2-1、松永道幸社長)は会社名義で500万円、松永社長個人名義で 1,000万円の総額1,500万円を11月25日㈭下関市に寄付した。同社と松永社長は昨年、一昨年も同総額を市に寄付しており、今年で3年連続となり、総額は4,500万円となった。 先日、同社は下関市より特に市民の模範となるべき善行をした者として「善行表彰」を受彰している。

 下関市役所で贈呈式があり、松永道幸社長から前田市長へ目録を手渡した。松永道幸社長は「今回寄付した浄財も地元下関の地域活性化の為に少しでも役立てていただければいう思いから今年は会社名義で500万円、個人名義で1,000万円を寄付させて頂きました」と述べ、前田市長も「昨年、一昨年に引き続き多額のご寄付を頂き、心からお礼を申し上げます。今回頂いた浄財はコロナ禍に苦しむ方々への対応や市民の明るい未来を切り開くために適切に使わせていただきたい」と謝辞を述べた。

 同社は昭和63年1月に設立。 関東以西を主要配送圏として、大手製造会社や大手運送業者などを対象に一般貨物・精密機器等の輸送業務のほか、造船事業等も手掛けている。

 

 

 

ページトップ