株式会社防長経済新報社

 2021年7月1日

  • 経済

 山陽小野田市がLABVプロジェクトの実施方針を公表 

 商工センターの再整備事業や山口銀行小野田支店跡地利活用を推進

 山陽小野田市は6 月8 日、老朽化が著しい商工センターの再整備を核に周辺エリアの連鎖的な事業展開を検討する「山陽小野田市LABVプロジェクト」の実施方針をまとめた。
 特徴はPPP手法の一つであるLABV方式を用いる点。LABVは自治体が公有地を現物出資し、民間事業者が資金出資して作った事業体が公共施設と民間収益施設を複合的に整備する仕組みで、複数の公有地に商業施設やオフィスビル等の民間収益施設も組み合わせた開発やマネジメントまでを行うことになる。国内で事業化されるのは初めて。

 

 

 

ページトップ