株式会社防長経済新報社

 2021年4月1日

  • 経済

 渡勇工業が小野田・楠企業団地に進出

 約2億4,000万円を投じて自前の事業所を建設

 水処理装置組立をメインにプラント工事などを手掛ける渡勇工業㈱(静岡県藤枝市、岡村智社長)は小野田・楠企業団地(山陽小野田市高畑)での事業所建設を決定、3 月26日に山陽小野田市と進出協定を締結した。同社は2005年、山口テクノパーク(山口市佐山)の主要取引先事業所内に事務所を設置し業務を行ってきたが、主要取引先の移転に合わせて自前の事業所建設を決断した。

 

 

 

ページトップ