株式会社防長経済新報社

 2021年3月25日

  • 経済

 三笠産業が紫外線を使わずに蛍光・蓄光グッズを発光させるファンタジーライトを開発

 農業資材やトナー製造などを手掛ける三笠産業㈱(山口市、佐伯誠社長)はこのたび県産業技術センターや各種機器・ソフトウェアの設計・制作会社㈱アノード(下関市)の協力の下、中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」を活用して、スヌーズレン用ファンタジーライトを開発・事業化した。

 

 

 

ページトップ