株式会社防長経済新報社

 2021年2月18日

  • 経済

 2020年平均の有効求人倍率は1.27倍 前年に比べて0.35ポイント低下 県雇用情勢

 山口労働局は1 月29日、2020年の山口県雇用情勢を発表した。2020年平均の有効求人倍率は1.27倍で、前年に比べて0.35ポイント低下した。全国平均1.18倍は上回るものの、2015年(1.20倍)以来の低い水準。有効求人数は前年比18.5%減少したのに対し、有効求職者数は前年比3.9%増加した。

 

 

 

ページトップ