株式会社防長経済新報社

 2020年12月3日

  • 経済

 地産地消の推進や共同商品の開発など地域活性化に取組む 萩市と生活協同組合コープやまぐちの連携協定

 萩市(藤道健二市長)と生活協同組合コープやまぐち(岡崎悟理事長)は11月19日、萩市が進める地域活性化に関する施策を協働で取組むため、地域活性化包括連携協定を締結した。これまで高齢者等の見守り支援など個別で連携協力に取り組んできたが、それを発展させた形。萩市がこうした包括連携協定を結ぶのは10件目。

 

 

 

ページトップ