株式会社防長経済新報社

 2020年6月25日

  • 経済

 図面データとAI活用で作図時間の短縮と施工図作製代行サービスの事業化 ㈱カワトT.P.C.

 中国経済産業局が「新連携計画」認定

 給水・給湯管の設計・組み立て事業を展開する㈱カワトT.P.C.(岩国市玖珂町、川戸俊彦社長)は2 月、中国経済産業局から「新連携計画」を認定された。同計画は、AIソフトウエア開発業者の㈱KICONIA WORKS(東京都渋谷区、書上拓郎社長)と連携し、過去の図面データとAIを活用することで作図時間を大幅に短縮し施工図作製代行サービスの事業化を目指すもので、約7,500万円の費用を見込んでおりその内3 分の2に当たる約5,000万円を中国経済産業局が同社に補助金として支援する予定。

 

 

 

ページトップ