株式会社防長経済新報社

 2021年6月10日

  • 経済

 沖合人工島・長州出島へ新工場建設へ 新光電業

(左)中尾一人代表取締役社長
(左)中尾一人代表取締役社長

 産業用機械器具・試験装置等の設計製造を手掛ける新光電業㈱(中尾一人社長、下関市みもす川町11-1)は、下関市垢田地区にある沖合人工島・長州出島の産業ゾーンに新社屋・新工場を建設することから、去る6 月3 日(木)に下関市役所で山口県の小関商工労働部長立ち合いのもと新工場建設協定の調印式が行われた。
 新社屋・新工場規模は敷地面積約7,559㎡に新社屋・工場は鉄骨平屋造りで延床面積約1,388㎡。7 月上旬頃に着工で令和4 年7 月に操業開始予定。

 

 

 

ページトップ