株式会社防長経済新報社

 2020年5月21日

  • 経済

 最新鋭のレーザー加工機を導入し生産設備増強 末広自動車工業㈱

 車体架装・製缶業務を手掛ける末広自動車工業㈱(山陽小野田市西高泊572-1、駄阿幸男社長)は、このたび最新鋭のNCレーザー加工機を導入し生産設備を増強した。鋼材の加工業務を内製化し生産性の向上を図っていく。
 今回導入したのは㈱アマダ製の2 次元レーザーマシン「LC-2415αV」で、レーザービームによりステンレスや鉄等の鋼材加工を行う工作機械。あらかじめプログラミングした内容に沿って切断・穴開け・成形加工ができ複雑な形状のデザインにも対応可能となっている。

 

 

 

ページトップ