株式会社防長経済新報社

 2020年5月7日

  • 信用ニュース

 小野田中央青果㈱

小野田中央青果㈱           破産手続開始決定
代表者:深井篤氏            同社は、4月17日に山口地裁宇部支部より破産手続開始決定を受けた。破産 

所在地:山陽小野田市         管財人には猪俣俊雄弁護士(山口市黄金町5-9 第2法曹ビル3階、猪俣俊雄法   

      西高泊1184-1       律事務所)が選任されている。
設 立:1983年3 月         同社は1983年(昭和58年)3月に設立された青果物卸売業者。「山陽小野田市

資本金:2,000万円          地方卸売市場」の荷受業者で山陽小野田市およびJA山口県から出資を受けてい

業 種:青果物卸売業         た。地元産である山口県産・山陽小野田産にこだわり、野菜・果物をなど取扱

                   い、ピーク時の平成20年3月期には8億8,000万円内外の取扱高を計上してい

                   た。
                   しかし、同業者との競合が厳しいことに加えて、近隣スーパーとの取引縮小によ

                   り、取扱高は年々落ち込んだ。平成24年には経営再建プロジェクトが設置され

                   経営改善を図ってきたが、直近決算(平成31年3月期)で2,500万円の欠損計

                   上となり、財務内容は債務超過に陥っていた。
                   今期(令和2年3月期)も、2月期末時点で取扱高は2億800万円とピーク時の                  

                   4分の1程度まで落込んでおり、支払遅延が発生するなど、信用不安が表面化し

                   3月19日付けで事業停止していた。
                   負債は1億3,000万円内外と推察される。

      


 

 

 

ページトップ