株式会社防長経済新報社

 2020年3月19日

  • 経済

 周南市臨海地区に西日本最大規模の多機能・多温度帯倉庫「新総合物流センター」完成 東ソー物流㈱

 総合化学メーカー東ソー㈱の中核物流会社・東ソー物流㈱(周南市、佐伯哲治社長)は、2 月4 日、東ソー㈱南陽事業所に隣接する周南市臨海地区に、2019年1 月から建設していた「新総合物流センター」(りんかい物流センターA棟)を完成させた。この施設は東ソー㈱の製造プラント能力増強に伴う物流量増加が見込まれることから、物流インフラの整備として建設してきたもの。また化学品を専門とする営業倉庫としては、西日本最大規模の多機能・多温度帯倉庫となる。
 新総合物流センターは、鉄骨造り3 階建ての耐火建築物で、延床面積は約24,500平方㍍。収容能力は約22,100㌧。施工は㈱淺沼組、冷却設備は㈱前川製作所。

 

 

 

ページトップ