株式会社防長経済新報社

 2022年3月10日

  • 経済

 BTO方式で実施される下関市の「安岡地区複合施設整備事業」

 安成工務店を代表企業とするグループが落札

 下関市は2月28日、下関市富任町五丁目で計画されている「安岡地区複合施設整備事業」の落札者が㈱安成工務店(下関市、安成信次代表取締役)を代表企業とするグループに決定したと公表した。入札価格は約28億円(消費税及び地方消費税相当額を除く)。
 落札者は代表企業の㈱安成工務店のほか、構成企業の㈱合人社計画研究所(広島市、福井滋社長)、㈱森芳楽園(下関市、森和義代表取締役)、㈱プランドゥ(下関市、藤原邦彦代表取締役)、協力企業の㈱巽設計コンサルタント(光市、光井謙二代表取締役)、㈱戸田芳樹風景計画(神奈川県、戸田芳樹会長)。

 

 

 

ページトップ