株式会社防長経済新報社

 2022年3月10日

  • 経済

 山口FGが通期業績予想を下方修正

 100億円を超える最終赤字

 ㈱山口フィナンシャルグループ(椋梨敬介社長グループCEO)は2月28日、昨年5月14日に公表した2022年3月期の通期業績予想の下方修正を発表した。
 2022年1~3月に有価証券売却損△250億円程度、貸倒引当金△180億円程度、㈱保険ひろばの減損約△19億円を計上し、経常利益を380億円から△75億円に、親会社株主に帰属する当期純利益を260億円から△135億円にそれぞれ引き下げる。

 

 

 

ページトップ