株式会社防長経済新報社

 2020年1月9日

  • 経済

 徳山駅とのマッチングで賑わいを 商業店舗やホテル入居 徳山駅前地区市街地再開発計画書まとまる

 徳山駅とのマッチングで賑わいを 商業店舗やホテル、飲食店が入居

 徳山駅前地区市街地再開発準備組合(周南市みなみ銀座、河村峰子理事長)では一昨年3 月に策定され昨年9 月に更新された徳山駅前地区市街地再開発事業の大規模小売店舗出店計画書がこの度まとまり県に提出した。
 同計画書によると(仮称)徳山駅前地区商業施設は、周南市銀座1 丁目26番1 の商業地域の敷地面積、約7,770平方㍍(商業棟、住宅棟、駐車場棟)で、駅前棟約580平方㍍、建築面積は約7,220平方㍍で商業棟、住宅棟、駐車場棟が約6,720平方㍍、駅前棟約500平方㍍となっている。

 

 

 

ページトップ