株式会社防長経済新報社

 2020年1月9日

  • 信用ニュース

 ㈱みづほ農産

㈱みづほ農産             破産手続開始決定
代表者:田中秀行氏           同社は12月18日に山口地裁宇部支部より破産手続開始決定を受け、破産管財

所在地:宇部市船木531-5       人には近本佐知子弁護士(宇部市松島町18 -10 太陽生命ビル4 F、近本法律

設 立:2006年8 月         事務所)が選任された。
資本金:1,000万円                            同社は1964年(昭和39年)6月に瑞穂糧穀㈱(山口市)の関連会社として設

業 種:養鶏業            立。旧㈱みづほ農産の特別清算開始決定を受けて、2006年(平成18年)8月に

                   新生㈱みづほ農産としてスタートした。新会社は東京都の企業が株主となった経

                   緯がある。
                   しかし、近年の業績は低調で昨年5 月31日付けで不渡りを発生、資金繰りが逼

                   迫していた。その後、同業者に養鶏を事業譲渡するなど、残務整理を進めてい

                   た。
                   負債は5億円内外と類推される。



 

 

 

ページトップ