株式会社防長経済新報社

 2020年1月23日

  • 経済

 (仮)鋳銭司第2団地 土地利用計画まとまる 立地条件に恵まれ13ヘクタール

 山口市の産業団地は山口テクノ第2 団地、山口物流産業団地、鋳銭司団地が完売し、山口テクノパークも、㈱エヌエフ回路設計ブロックのR- 2 区画進出で残りJ- 2 区画(10,716平方㍍)となった。さらに、小郡インター流通団地もA区画(17,469平方㍍)を残すのみとなり、今後企業誘致のため新産業団地の必要性が迫られ、山口市は新たに山口市鋳銭司2361番地の山口県消防学校北東に位置する一帯13㌶を予定。(仮)鋳銭司第2 団地として2022年度分譲開始を目指している。その土地利用計画がまとまった。

 

 

 

ページトップ