株式会社防長経済新報社

 2020年1月23日

  • 経済

 負債10億円超の大型倒産2件の発生で負債額が増加 2019年倒産企業集計 ㈱防長経済リサーチ本社

 倒産件数は減少、依然として小規模倒産中心

 ㈱防長経済リサーチ本社情報部が集計した「2019年(2019年1 月~同年12月)に1 千万円以上の負債を抱え事実上倒産した山口県内の企業」は51件、負債総額は100億6,446万円だった。前年2018年(件数77件、負債総額88億9,260万円)との比較では、件数で26件減少、負債総額は11億7,186万円の増加となった。過去10年間で比較すると件数は3 番目(件数最高は2014年の85件、最少は2015年の42件)、負債総額は4 番目(負債総額最高は2010年の198億1,300万円、最少は2017年の50億5,200万円)の少なさ。2000年代に入ってからの比較では、件数は3 番目(最高は2001年の206件、最少は2015年の42件)、負債総額は4 番目(負債総額最高は2003年の1,122億9,180万円、最少は2017年の50億5,200万円)の少なさであった。

 

 

 

ページトップ