株式会社防長経済新報社

 2019年8月22日

  • 経済

 JPSA山口支部の設立3周年記念 元プロ野球・尾花高夫氏 8/27講演会

 JPSA(Japan ProfessionalSpeaker Association・一般財団法人日本プロスピーカー協会)の山口支部(田原文栄支部長)は設立3周年記念イベントとして、プロ野球で選手や指導者として活躍した尾花高夫氏を講師に迎え、同氏の新刊「部下がみるみる成果をつくりだす・一流を育てる方程式」の出版記念特別講演を開催する。
 日時は8月27日㈫の14時~16時(13時半開場)。会場はカリエンテ山口(山口市湯田温泉5-1-1)大ホール。参加費3,000円(税込)。定員400人。問合せ先090-9385-5500。
 JPSAは、米国の心理学者W.グラッサー博士の提唱する「選択理論心理学」に基づき、“人間関係”と“目標達成”をキーワードに講演・教育活動を通じた社会貢献を目指す団体。
 全国41ヶ所に支部を置き、草の根レベルの教育でクオリティコミュニティ(選択理論に基づく地域社会)を実現し、講演・教育活動を通して学校・夫婦・親子・職場の人間関係を改善する。
 以下は講師プロフィール。1957年生まれ。PL学園高校から社会人野球の新日鐵堺を経て、77年度のドラフト4位でヤクルトスワローズ入団。91年に現役引退後は、95年以降、千葉ロッテマリーンズ、ヤクルト、福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)、読売ジャイアンツの各球団で1軍コーチとして、リーグ優勝7回、日本一4回に導く。その後2010年から2年間は横浜ベイスターズ1軍監督を務め、13年から昨年までは読売で1・2軍の各コーチ、編成部門を歴任。現在は明桜高校野球部の総監督兼投手コーチとして活動中。

 

 

 

 2019年8月22日の投稿記事

ページトップ