株式会社防長経済新報社

 2019年8月8日

  • 経済

 阪九フェリー向けのカーフェリー「せっつ」進水式 三菱重工業下関造船所

 三菱重工グループの三菱造船(株)(横浜市西区、大倉浩治社長)は8月2日、阪九フェリー(株)から受注し、下関市彦島江の浦町の三菱重工業下関造船所江の浦工場で、建造中であるカーフェリーシリーズのうち1番船の命名・進水式を行った。この新造船は同社が運航するカーフェリー4隻のうち「やまと」の代替船となり、「せっつ」と名付けられた。今後は艤装工事を経て2020年2月に予定する引き渡しの後、北九州(新門司)―神戸(六甲アイランド)航路に就航する。
 この船は長さ約195㍍、幅約29.6㍍、深さ20.6㍍、総㌧数は約1万6,300㌧。主機出力は8,540kW×2 。航海速力は約23.5㌩。旅客定員は663人、トラック約277台及び乗用車約188台の積載能力。「星空と海をのぞむ癒しの旅」をコンセプトに、従来船にはない客室最上階である7階には広く開放感のある空間を設け、船内で一番大きな窓から星空と瀬戸内海が眺望できる海の展望台が楽しめる。

 

 

 

ページトップ